人身事故の恐怖

その恐怖は、それを味わった人しか分からない―あなたは本当に、そう思いますか?『自分は決してそのような事態に直面することはない』、『自分がその当事者になることは絶対にない』といいきれるでしょうか。
私達は誰しもが、危険を回避する能力を持っています。
しかしそれは、私達自身が能動的に用いなければ、何の意味もなしません。
実際に、危険があらかじめ回避できるにもかかわらず、それを怠ってしまうことによって、様々な、重大な事態に発展することは、多くの人が自分自身の経験から身を持って分かっています。
さて、その『重大なこと』の一つとしてあげられるのが、交通事故、それも、人身事故です。
人身事故というのは車同士の衝突や単独での事故ではなく、歩行者などを巻き込んだ事故のことを言います。
私達が住んでいる現代では、もはや車がない生活など考えられないくらい、それが普及しており、多くの人に用いられています。
それによって私達の生活が便利になり、豊かになっていることは紛れもない事実です。

しかし、車はその使い方を間違えると、とたんに凶器に変わります。
もし一瞬でも居眠りしてしまったら、一回でもアクセルとブレーキを間違えてしまったら、急いでいるからと言って赤信号で直進してしまったら…どんな事態になることが考えられるでしょうか。
もし私達が、あえてそこで『予測』を行わないのであれば、重大な事故に至りかねず、あたかも自分からその危険に突っ込んでいるようなものです。

Copyright © 2014 人身事故を起こしたら All Rights Reserved.